あの車買取、そしてリサイクル料について調べてみた

自家用車を処分する時の手段といえば下取と買取の2つが存在します。下取のケースというのはおニューのマイカーをゲットする際一緒に今までの自分のくるまのを買受してもらうというものです。たいがいは新車のディーラーが買取を行うので買い取り額のほうはどちらかというと低く見られる場合が多いです。

一方で買取りのケースは中古車買取専門店がおこなっており、ユーズドカーという名目で売却することを予定して引き受けプライスを決めるので、どちらかというと高値の引取りが期待できるでしょう。何れにしても自分のクルマのを売る事であり、引き取ってもらう前に引受け金額を決定するための審査がおこなわれます。

値踏みをお願いする時気に掛かるのは「リサイクル料」です。お車査定で出される金額というのはその自分のくるまの本体の金額、自家用車についてくる自賠責保険やリサイクル料などを入れた値段の二種類が存在します。リサイクル料についてはお車を入手した場合、もしくはリサイクル料が未払いだった場合ですと車検を通したさいに支払われるもので、後に車を廃車として処分する時必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルする際の費用となって使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

コストは大体、軽自動車だと8千円ほど、国産車で10000円くらい、外国の車等だと約1万5千円、その他で2万円位を納める必要がございます。多くのマイカー買取だと、こうしたリサイクル料を愛車の買い取り金額とは他のものとして引受されるというような事となるわけですが、リサイクルの料金を入れて引取り額だというケースも有り、買取りを希望という時にはあらかじめチェックしておくのが大事です。