お待ちかね、日本自動車査定協会の役割について調べてみた

クルマの下取・買取時は、まずは査定をさせて頂きます。査定というのは、お客様から買い取りや下取りの際に冷静な鑑定をするための作業であり、それをするためには多くの人から理解され、プラス承諾された仕方じゃないといけません。ですが、こちら側から見るのであれば、鑑定がどんな感じでやられているのかちゃんとは存じてなかったり、正当な段取りで作業されているのかは案外知ることが出来ないものですよね。そうだとしても査定と申しますのはお車の値打ちを決めてしまうめちゃくちゃ大切な工程なので、方法や考えに種々のものがあれば社会が混乱する要因ともなるのです。

そのようなパニックを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会というのは、キチンとした審査が根を下ろすように務めている機関であり、私たちが不安なく車を審査に出すことができ、更に満足できる結果になるような制度を構築する動きをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を挙げるとしっかりした査定士を育てるために試験を行っており、査定協会が行っている学科と技法の研修を受けてもらい、それから「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そして査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、きちんとした基本的なことや義務でもって私たちのくるまの審査をするのです。つまり適正な見積もりを行う為の資格を有している人が評定をおこないますので、お客さんも安心して買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるのです。