きましたね車売却とリサイクル料について調べてみた

所有車を売り払う時の段取りとしては下取、そして買取が存在します。下取のケースというのはおニューのお車を入手する際に今迄の自動車を買い取りして頂くというものです。主としては新車販売店が引受けをすることになるので売却額としてはどちらかというと低価格に見られがちです。

他方、買取のケースは自動車買い取り専門店がおこなっているもので、中古の車として販売する事を予定に引取り価格を決めるので、どちらかというと高値での買取が望めるでしょう。どちらにしてもくるまを売る事であり、売り払う前に引き受け額を決定するための査定が行われます。

見積もりを依頼する時に気になるのがリサイクル料となります。所有車鑑定で提示される値段としては中古車それ自体のプライス、ユースドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料等々含めた価格の二つの種類が御座います。「リサイクル料」はくるまを買ったさい、もしくはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検の時支払いとなるもので、のちにユースドカーを廃車として解体するケースで必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルするときのコストとして使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

コストは大体、軽自動車だと8000円位、国産車の場合で約1万円、外国製自動車等で1万5千円くらい、それ以外で20000円ほどを入金する必要があったりもします。だいたいのユーズドカー引取りであれば、そうしたリサイクルの代金を自分のくるまのの買取値段とは別で引受されるということとなる訳ですが、リサイクル料金を入れて見積もり値段となっている場合も有り、引取りを希望するさいにはあらかじめ確認しておくのが大切なこととなります。