これこそ中古車の「査定」に関して

愛車の買い受けの際は、まず先に中古車の鑑定をします。その型式や年代で、基準となる標準時の額面の全容を把握します。これに比べもっと印象が悪ければ、査定金額を少なくするというような手順でやられていくことでしょう。

標準時の価格に関しては買取店の方で基本となるデータを持っています。こちらは業者間でのみ出回っているもので、その額面は車の種類といつのものかということから記されているものです。とはいっても、あくまでこの金額は標準的なものであり、それだけの意味しかありません。加えて、そのプライスよりも高い金額で買い取られたり、または安い金額で買い叩かれたりの可能性も間違いなくあり得る話です。

お店の立場としてはなるべく低価格で買い受けたいわけですから、ショップにもよりますが基本となる買い取りの値段を提示したうえで、さらにロープライスな方向へ話を振ろうとしてきます。こちらの気持ちとしてはできるだけ高い値段で引き渡ししたいですから、ここではしたたかに話を持っていくのが吉です。あるいは、売却に関しての見積が同調できなかったケースであればいったん保留し、そこで話をストップしておきます。そのあと違う買取専業店と駆け引きを進めていくわけです。

ここで仮に価格がさらに高値となって満足がいったなら、前の買取店との商談はおじゃんになっても問題ないはずです。結局のところ、売却する方が好きなように話を進めていけばよいということです。絶対に気を付けてほしいのは、あせって売却金額を決断してしまって、あとあと残念な気持ちを残すことです。額面は徹底的に強気でいった方が後悔はしません。”