これこそ中古車を売る時の残債

愛車の買取店に見積もりをしてもらったのはいいけれど、残債を完済できていない場合も考えられます。こうしたケースでは、売るつもりの車の所有権がアナタ自身なのか別な方なのかどうかについてまず見ておくことが必要です。

実際のところ、所有権はどの辺を見るとわかるのかといいますと、車検証に載っている氏名の方が自動車の権利者ということになります。

お車を買う時に銀行系のローンを組んだケースでは、この車検証に記載されている名前が自分自身のお名前になってるはずですが、分割払いを組まれたのが信販系の会社であったケースでは氏名がその信販会社の記載になっています。信販会社で分割払いを組む場合どうしてこんな形で信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えは返済が滞納されたときに、すぐにマイカーを担保という形で確保することを考えている為です。

そういった理由で所有者名義がローン会社となっているケースではそちらのマイカーを好きなように売却は無理なことです。どうあっても売ってしまいたいなら返済を完全に完済するか割賦契約の組み替えをすることでオーナーをあなたの名前に変えた後で手続きすることが求められます。さりとて実際問題こんな事が出来るのはその時点で持っている資金が豊富にある場合になってしまいます。であるならば、お金が無い人はどうしたらいいのでしょうか。

こういったケースでは鑑定をしてくれたくるま買取専業店に話してもらえると、お車の買値から残債の支払いの分を完済し、持ち主を貴方自身の氏名に変更していただくことができます。手続きの方もすべて買取り業者に任せられるので問題ありません。