ついでに車売却と必要書類について調べてみた

所有車を処分したい場合におけるやり方には下取や買取等の種類がございます。下取は次の車を購入した時点で、古い自分のクルマを買取りしてくれるものです。その時点で走ることが問題ないクルマだったら値段が付きますが、とてつもなく古すぎるくるまであった際には処分のコストを必要とされるケースだってあるでしょう。

下取は専門ショップが買い取るという事ではない訳ですから、望んだ金額での買取りは期待できませんが、次のクルマと交換をする形で乗り換えすることが可能な長所があります。逆に買取はというと、専門の自動車買い取り専門店に頼んで引受けしていただくものです。そのやり取りがややこしいなどのよくない点も有りますが、引き取られたクルマはユーズドカーとなって市場に出回ることがそもそも決まっておりますので、割と高い金額での買い取りが期待できるでしょう。

買取りにしても下取りにしても譲渡の際はいろいろな書類をまずは準備することが必要です。必要書類の種類には車検証の原本や車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券があります。そして実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

売却のさいには委任状や譲渡証明等も使用すると思いますが、これらに関してはお店の方にて準備してくれます。買取りをお願いしたいコチラ側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票と実印および印鑑証明書を準備しておきましょう。査定時にもこれらが見られるので、失くした際には再度発行してもらうこととなります。

万が一失くした際でも審査そのものは受けることは出来ますが、その場で即引受けは行えないため見積金額に悪影響が出ることになるでしょう。