ついにきた、中古車を売る時の残債のこと

くるまの買取専業店に審査をしてもらったのはいいけれど、ローンを完済していない場合もあるのではないでしょうか。こうした際には、売ろうとする車の持ち主が貴方自身なのか別な人なのかどうかについてまずはチェックしておく必要があります。

実際、所有者が誰かについてなにを見たら良いのかというと、「自動車検査証」に記載のある名前の方がお車の持ち主となります。

マイカーを購入するときに銀行系の分割払いを組んだ際は、こちらの自動車検査証に載っている名前が自分自身のお名前となっているのですが、ローンを設定されたのがクレジット会社などのケースではお名前がその信販会社の記載となるはずです。信販会社でローンを組む場合に何故このような形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、それは返済が滞った場合、ただちにクルマを担保として確保することを考えているからです。

こういったわけで所有名義が信販会社になっているケースではその自動車を自分の好きに売る事はできないのです。何が何でも売りたいならまずは残債を全て終了させるか支払いローンの組み替えをすることで所有者をアナタの名前に変更してから売る必要があります。しかし、実際そうした手続きが可能なのは今手持ちの資産がたくさんある時になってしまいます。それではキャッシュがあまりない方はどうしたら望ましいでしょう。

そんなケースでは見積もり査定をして下さったお車買い取り専門店にご相談いただけると、お車の売値から残った支払い分を完済し、所有者のところをご自身のお名前に変更していただくことができるという訳です。手続きについても全てを買取専業店に任せられるので問題ないです。