とうとうです、車売却とリサイクル料について

お車を売り払う時の方法には買取と下取りの両方が一般的です。下取りのケースはおニューの中古車を手に入れる際に今までの愛車を引き受けていただくというものです。たいていは取扱店が引き受けを行うので金額の方はどっちかといえば低目になるケースが多いです。

一方、買取の方は古い車の買取専門ショップがするもので、中古の車という名目で売却することを前提として引受けプライスを決めるので、どちらかというと高額の引受が望めるでしょう。何れにしろ自分のクルマのを売却する事であり、売却をする前に買取り金額を決定するための鑑定がおこなわれることとなります。

査定を依頼する時気になるのはリサイクル料となります。車査定で出される価格というのはその自分のくるまの本体の値段、お車に附随する自賠責保険やリサイクル料等々含めた額の二つの種類が存在します。「リサイクル料」はマイカーを購入した時、若しくは「リサイクル料」が未払いだったときには車検のさいに支払いになりますので、のちに自分のクルマのを廃車として壊してしまう時必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルする為の料金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

代金は大体、軽なら8000円程、国産車の場合で10000円位、外国の車とかで1万5千円ほど、その他で約2万円ほどを納める必要が有ります。たいがいの愛車引き受けの場合、そうしたリサイクルの代金を中古車の引受け価格とは他のものとして買い取りされるという事になる訳ですが、リサイクル料金をいれて買い取り額だというケースもあり、引受けを依頼するさいには前もって確認しておくことが大切なこととなります。