どういうこと?「中古車の査定」のこと

中古自動車の買取となると、まず先に中古車査定をします。その型式や年代で、基となる一定レベルでのプライスの理解をしておきます。これに比べもっと状態が良くなかったら、金額をマイナスとするといった順序で行われていくことでしょう。

標準状態の価格に関しては中古車ショップの方でベースとなる数値を持っています。こちらは業者間でのみ出回っているもので、その額面はその型式や年式から記されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準となる数字なのであり、それだけの意味しかないのです。その上、その額面よりも高値で買い取って貰えたり、場合によっては安い金額で買い受けされたりする事だって当然ながら無くはないです。

買取店側からすると可能な限り低価格で買い取りたいので、業者にもよりますが基礎的な買い受けできる額を提示したうえで、それ以上に安い方向へと話を持っていこうとします。売る方としてはできるだけいい条件で売りたいわけで、このケースではしたたかに攻めていくのがキーポイントとなります。あるいは、売却に関してのプライスが譲り合えなかった時などは一度保留し、話を棚上げ状態としておきます。そののち違う買取専業店とネゴシエーション進行させるのです。

そこで仮に額面的にさらに高値となってうなずけるものだったら、最初のお店との駆け引きはダメになっても問題はありません。結局、売ろうとしている側が満足がいくようにやり取りを進めていけばいいという事なのです。一番避けなければならないのは、焦ってプライスを決断してしまって、あとから悔やんでしまうことです。値段については限りなく強気な攻めた方が後悔しないはずです。