なんと!ローンが残っている車の売却について調べてみた

中古車の買い取り専門店に評価を依頼したものの、ローンを払いきれていないということもあるのではないでしょうか。そうした際は、売りたいクルマの持ち主が自分自身なのか別の人であるかについて取りあえずチェックすることが必要です。

本当のところ、持ち主についてはどの辺を見ると良いのかというと、車検証に書かれているお名前の人が車の所有権者となるのです。

自動車を購入するときに銀行等が提供する割賦払いを組んだ時には、こちらの「自動車検査証」に書かれている名前が自分自身のお名前となっていますが、ローン支払いを組んだのが信販系の会社であった場合だと氏名がローン会社の名前になっております。信販会社で割賦契約を組む場合何故このような形でクレジット会社を所有者として記載するのかというと、その理由は毎月の支払いが滞納されたときに、即愛車を差し押さえて確保できるようにするためです。

そうした理由によって所有権がクレジット会社にある場合はそのお車を自分の都合で売ってしまう事は出来ないのです。それであっても売り払いたいならまず支払いをすべて終わりにするかローンの組み替えをすることで所有権をご自身の氏名に変更した上で売却する必要があります。とはいっても現実にそういった事が出来るのはその時点でお手持ちのお金がとても多い時という事に限定されます。では現金がないケースではどうすることがよろしいのでしょうか。

そのような時には値踏みをやって下さったお車買取店にご相談頂けますと、愛車の売値から残債分を完済し、所有者を自分のお名前に直して貰うことができるという訳です。手続きも全てを買取り業者に任せることが可能なので問題ありません。