ほら、車の買い取りとリサイクル料金

自分のクルマのを売るときの手続きといえば買取、そして下取のどちらかがあります。下取の場合というのはおニューの自分のクルマのを買うかわり、古い自動車を買い取りして頂くというものです。大体新車取扱店が買い取りをすることになるのでプライスのほうはわりと低価格になる場合が多いです。

他方、買い取りのほうは愛車買取専門ショップが行っており、中古の車という名目で販売する事を予定して引受け値段を決定するので、割と高値での引取りが期待できます。どっちにしても中古車を引き受けてもらうことであり、、売り払う前に買取金額を決めるための審査がおこなわれます。

査定をおこなうケースで気になるのは「リサイクル料」です。自分のクルマの鑑定で出してもらう金額というのは車本体の金額、自分のクルマのに附随するリサイクル料とか自賠責保険などを入れた金額の2種類があります有ります。リサイクル料はお車を買った場合、又は「リサイクル料」が未納だった場合ですと車検を受けた場合支払いになりますので、将来的にお車を廃車にして解体処分するさいに必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルするときの費用という名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する場合JARSから支払われるということになります。

料金は、軽であれば8千円ほど、国産車だと10000円程、外国の車等で15000円ほど、それ以外で2万円ぐらいを納める必要性が有ります。多くのクルマ引取りでは、そうしたリサイクル料金を愛車の買い取り値段とは別ということで引取られるというような事となるのですが、リサイクル代金をいれて評価の値段であるというケースも有り、引受けを望んでいるケースではまずは確認しておくのが大切です。