まさかの「中古自動車査定制度」ってどうでしょう

車の下取りや買取の際には、間違いなく査定をやります。この査定とは、売り手側から買い取りや下取りする時にきっちりした評定を下すための下調べであり、そのためにはいろいろな方から認識され、プラス合意された手続きをしないとまずいのです。ただ、消費者側からしますと、審査がどうやって実施されているのか具体的に知らなかったり、しっかりした段取りでやられているかはなかなか知ることが難しいものです。しかしながら査定と申しますのはその車のバリューを確定させるとっても大事な方法である為、考え方やその方法に様々なものがあると社会が混乱する要因ともなってしまうわけです。

そういった混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

日本自動車査定協会とは、厳正な査定が根を下ろすように機能している機関のことで、お客さんが不安なく見積に提出でき、そのうえで納得できる結果となるシステム作りの動きをしています。

分かりやすい内容的には、例えばまっとうな査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会が実行している学科さらにはスキル研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が付与されます。そして査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした基礎的なものや責務をもって我々の車の鑑定を行います。つまりはしっかりした査定のための資格を有している人間が評価を行いますので、我々も安堵して下取または買取に車を出すことができるのです。