まさかの「中古車屋さんに車を売る時」のことを考えてみた

中古車の売買契約時は、まずはその中古車の鑑定をしてもらいます。その型式や年式で、基本となる状態での価格の理解をしておきます。ここから更に実態が悪いのであれば、評価額を減額するといった手順でやられていくことでしょう。

標準状態の金額の件については買取業者側で基本となるデータを持っています。これは業者間でのみ確認されるもので、その金額はその車と年代で記載されているものです。とはいえ、この数字はあくまで標準的な数字であり、それだけの意味しかないものです。それに加え、そのプライスよりも高値で買取をされたりないしは安く買いたたかれたりする場合も当然ながら出てくるのです。

業者側としてみればなるだけ安値で買い受けたいわけですから、お店にもよりますが基準となる買い受けできる額を見せたうえで、もっと低価格な方に話を持っていこうとします。売り手側としては1円でも高プライスで売却したいわけですから、このケースではイッキに話を進めるのが成功の秘訣です。あるいは、買取について額面が折り合わなかったケースであれば一旦見送りとし、そちらで話を止めておきます。そのあとほかのお店とネゴシエーション進めていくわけです。

そこで仮にプライス的にもっと高くなって納得できたなら、前の業者とのやり取りは終了となっても気にせずOKです。結局のところ、売却する側が満足がいくように商談を進行させていけばよいということです。何をおいても回避したい状況は、急ぎ足で値段を決めてしまって、後で悔いるということです。プライスは徹底的に強気で話をした方が後悔はしません。”