まさかの中古車売買の感想、所感

愛車の売買契約時はまずはその車の見積もりをすることになります。車の種類と何年式かによって基準となる標準時のプライスの目安をつかんでおきます。これに比べその上を行くほど実態が悪いのであれば、金額をマイナスとするなどといった流れでやられていくことでしょう。

標準時のプライスについては買取のお店の方で基礎的な金額というものを保有しています。これについてはショップ間のみで流通しているもので、その価格は車の種類と年式から書かれているのです。とはいえ、あくまでもこの数字は基本的な数字であって、それ以上の意味はありません。加えて、そのプライスよりも高値で買取を行ったりもしくは安い値段で売る羽目になったりする可能性も当たり前ですがあるわけです。

お店の立場としては限界まで低価格で引受けしたいので、ショップにもよりますが基本となる買い取り額を指し示した上で、もっと安い方向へと話を持っていこうとします。売り手側としてはできるだけ高く引き渡ししたいですから、ここでの交渉ではイッキに攻めていくのがイイですよ。あるいは、買取について見積が譲り合えなかった時などは繰り延べし、そちらで話を止めておきます。そのあとまた別の買取ショップと話し合いを行うわけです。

ここでもし価格が今まで以上に高値となり満足がいったなら、最初のお店との駆け引きは物別れに終わっても気にしなくて良いです。言ってしまえば、売る側が納得がいくように交渉を進めていけばよいということです。もっとも気を付けたいことは、急ぎ足で値段を決断してしまって、あとから残念な気持ちを残すことです。売却額は限りなく強気な出ていった方が悔やむことはないでしょう。