まさかの車を売る時のローンの残りのことを考えてみた

マイカー買い取りのお店に見積もりをオーダーしたものの、割賦払いを完済していない場合もあるでしょう。そんな際は、売り払いたい愛車の権利がご自身であるのか、誰か別な方なのかをとにもかくにも見ておく必要性があるのです。

実際のところ、持ち主に関してどの辺を見るとわかるのかといいますと、「自動車検査証」に書かれている名前の方がクルマの持ち主という訳です。

愛車を買った時に銀行が提供しているローン支払いを組んだケースでは、こちらの「車検証」に記載されている氏名がご自分の名前になってるはずですが、ローン支払いを組んだのが信販会社などのケースでは名前が信販会社の記載になっています。クレジット会社でローンを組む場合に何故こんな形で信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、回答としては毎月の支払いが滞った時に、すぐにマイカーを担保という形で確保することを考えているからです。

このようなわけで所有権が信販会社にある場合はそちらの車を自分の都合で売り払う事は出来ないのです。それでも売ってしまいたいならまずは返済を完全に終わりにするか割賦契約の組み換えによって所有者をご自身に変えた後で手放すことが求められます。そうとはいえ実際にこんな事が可能なのは現在お手持ちのキャッシュがいっぱいある場合に限定されます。であるならば、資産が不足しているならどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

こうしたケースでは評定をおこなっていただいた車買い取り専門店にご相談いただけると、くるまの買取価格から残りの支払い分をキレイにし、所有者の欄をご自身の名前に変えていただくことができるというワケです。手続きの方も全てを買い取り専門店にお任せできるので問題ありません。