中古の自動車の引き受けのプライスに事故の跡はどのように影響してくるか見ていきましょう

マイカーの売渡を依頼したときは、初めに見積りを受けることになります。その場合の評定に関しては買取専門ショップの担当者がおこなう訳ですが、中古車マーケットの相場等から決定するということとなります。

たいてい使った自動車のということで売られている金額の20~30%程が売却額とされているようですが、売れ筋の車種や、珍しい車種であるときには思った以上の高値がつくときもあるでしょう。それと、製造年が新しい方がもちろん高くなります。一方、そういった買取金額はその中古車がパーフェクトな状態の場合であって、万全じゃないときには低く査定されます。その中でも修復歴なんかは買取価格にかなり関係してきます。

修理の跡というのも定義は曖昧ですが、とりあえず自動車の骨格であるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントを起こしてしまったお車は事故車として扱われます。そうした修復歴のある車はそのうちなんらかの悪い影響が出てくる危なさが有りますので、見積に於いては悪材料となってしまいます。とはいえ、フレームの部分まで影響しておらず、外装を修理したぐらいだったら問題ないのですが、でも修理歴がつきます。

言うまでもなく修理歴が付きますので良くない害は有るものですが、事故車よりも低く査定されることはないです。あと、エンジン等に面倒が起こっているケースもマイナスという事で査定されますし、普段のメンテナンスの状況が見積に影響されます。

そのへんは素人にはわからないところですが、見たてをする専門店としてはキッチリとそのあたりもチェックしてきます。

どちらにしても修理歴はないということがユーズドカー見積がアップできるかどうかの条件となります。