今回は中古車とオークションについて

マイカーを買い取って貰う経路は、少し前まではディーラー主体の下取りと、中古車販売店への売る手続きが普通でした。次の車を買うディーラーに下取ってもらい、次の車を買っていく人が以前は割といたのですが、今となってはそちらを選択するお客さんは少数派です。下取ですと、どちらかと言えば高くなりにくいことが知れ渡ってしまったことと、Auctionに行かれるという目新しい方式が知られ始めているからです。

ユースドカー専門の競りというものが開かれており、ユーズドカー専門店や他の販売会社もこちらで売り買いをしている訳です。普通の人参加出来ないものですが、代行してくれる業者を使うことで、普通の人も所有車をオークションを利用して引き渡しが不可能ではなくなりました。なお、もう片方の方法のユーズドカー専門店に対する売却では、とりあえずクルマを鑑定してもらい、納得の価格を示されたなら交渉が成立です。

ユースドカー販売業者は、こうやって買取した古い車を自分たちで直して店頭で陳列したり、Auctionに出品したりします。どのような方式を選択するかは人それぞれですが、何を目的とするかにより一番いい方法というのは異なってきます。何が何でもほんの僅かでも高い価格で買い取って欲しい、ってことであったら、Auctionの代行業者にお願いするのが1番高い価格で売れる可能性があります。とは言っても安堵して販売したい、信頼できる専門店に買い取って頂き、大事に乗りこなしてくれる方に売却してほしいというのであれば、下取もしくはユーズドカー専門ショップの方が安心できるでしょう。

代行専門業者に依頼した場合、売れるまで保管の料金を支払しなければなりませんので、売却に時間がかかるとその分高くなってしまう危険性があります。ユースドカー専門店であれば次のユーザーが出てくる前にお金を手に入れることができるというメリットがございます。