今日は中古車を売る時の残債とのことだけどどうなんでしょう

クルマの買取り業者に評定を頼んだものの、ローンを完済していないこともあり得ますよね。そんなケースでは、売ろうとしているくるまの所有権が貴方自身なのか別の方であるのかどうかともあれチェックしておくことが求められます。

ホントのところ、持ち主に関してなにを見ると分かるかというと、「車検証」に書かれている名前がくるまの権利者となります。

マイカーを購入した時点で銀行が提供している自動車ローンを設定した場合だと、この「車検証」に記載されている氏名がご本人のお名前となっているのですが、ローン支払いを設定したのが信販会社であった時にはお名前がそこの記載になるはずです。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのような形でクレジット会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その答えとしては支払いが滞った時に、スグにくるまを担保として確保するためです。

こうした訳で所有権がローン会社となっているケースではそのマイカーを勝手に売る事は無理なことです。何が何でも売ってしまいたいならまず返済を全て終了させるか分割払いの組み替えをすることで持ち主をご本人に変更した後で手続きすることが求められます。とはいえ実際問題こんな手続きができるのは今手持ちのお金がたくさんあるケースに限定されます。だったらキャッシュが無い時はどういったやり方が望ましいでしょう。

こういったケースでは見積もり査定をやってもらった中古車買取店に事情を話すと、くるまの売却の金額から残った支払い分を支払し、持ち主をご自分の名前に変えていただくことができるというワケです。手続きに関してもすべて買取店に任せることが可能なので大丈夫です。