今日は中古車買取とリサイクル料のこと

クルマを処分する時のやり方としては下取と買取がございます。下取りの場合は次の自分のクルマのを手に入れる際一緒に今までの自分のクルマのを買い受けして貰うというものです。主には新車の販売会社が引受けを行うため売却額は割と低目に見られがちです。

一方で買い取りの場合には中古車買い取り専門ショップがおこなっており、中古の車として売ることを予定に引受けの金額を決定するので、どっちかというと高めの買い取りが望めます。どちらにしても自分の車のを売却する事であり、売り払う前に引取り額を決定するための審査が行われることとなります。

値踏みを依頼する際に気になるのがリサイクル料です。自分の車の鑑定で示される価格としてはお車そのもののプライス、所有車に附随するリサイクル料とか自賠責保険等を含んだ値段の二種類が存在します。リサイクル料は愛車を購入した場合、若しくはリサイクル料が未納のケースでは車検を通したさいに支払いとなるもので、将来的に所有車を廃車にして解体する場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルするさいの費用という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

料金は大体、軽だと8千円ほど、国産車だと1万円ほど、外車等だと1.5万円位、それ以外で約2万円ほどを入金する必要が有ります。たいていのお車買い取りですと、そうしたリサイクル料金を中古車の買取金額とは別として買い取られるという事になる訳ですが、リサイクル料を入れて買取金額だという場合も有り、引受けを頼む時には事前に確認しておくのが大切な事となります。