例の中古車見積もり時の「必要書類」

お車を処分する時におけるやり方としては買取りや下取りといった種類があります。下取りは新しい自動車を買った場合には、今までの所有車を買い取って頂くというものです。その中古車が運転ができるクルマだとすれば買値がつくのですが、度を超えて古すぎるクルマであった際は廃車にするためのコストを下さいと言われるケースがあります。

下取してもらう場合は専門のお店が買い取りをするとはならないので、高値での引受けは難しいでしょうけど、次の中古車と交換をする形で乗り換えを可能だといういい点があります。もう片方の買取ですと、それを専業としている中古自動車買取専門ショップに依頼して引き取って頂くといったものです。そのやり取りがややこしいなどのデメリットがあるわけですが、引き取られた車は中古車となって市場に出回ることがそもそも大前提ですので、想像していたより高値での譲渡が期待できるはずです。

買取りにしても下取りにしても引き渡す場合には必要となる書類を前もって用意することが求められます。どういうものかというと、車検証の原本とクルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。その他印鑑証明と実印や、住民票といったものも必要となります。

売渡のときには委任状と譲渡証明なども必要となるのですが、それらに関してはお店の方にて用意してくれます。売却を望んでいるこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、住民票、実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。見積もりの時にもこれらがチェックが入るので、紛失している際は再発行して頂くことが必要でしょう。

もしもなくしたケースでも審査そのものだけをして頂くことは出来ますが、その場で即譲渡はおこなえないので見積金額に悪影響が出る可能性があります。