例の買取・下取の査定のことを考えてみた

マイカーを手放す際の方法としては下取や買取等の種類がございます。下取りに関しては、次の車をゲットした場合には、今迄乗っていた愛車を引き受けていただけるものです。まだ走ることが可能な状況だったとしたら値段が付きますが、古いくるまであったケースでは逆に処分の為の費用を必要とされる場合もなくはないでしょう。

下取は専門店が引き取るという事ではないので、高価買取は期待できませんが、おニューのクルマと交換する形で乗り換えを可能といういい面があります。一方で買い取りは、専門でおこなっているクルマ買取り業者に依頼して買い取りをしていただくといったものです。そのやり取りが分かりづらいなどのデメリットが有りますが、引取りされた自分のくるまはユースドカーとなって市場に出回ることがもとから大前提ですから、割かし高い金額での譲渡が望めるはずです。

下取、買取どちらでも売り払う際には必要書類をまずは用意することが必要です。その必要書類ですが、車検証の原本と自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。その他実印や印鑑証明書、住民票といったものも必要となります。

引受けの時には委任状や譲渡証明書も使用すると思いますが、これらについてはお店の方で準備してくれるはずです。買取りを頼む方としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定時もこれらをチェックされるため、無くしたさいはもう一度発行することになります。

万が一無くしていても見積もりそのものは受けることはオーケーですが、即買取りは出来ないため査定価格に悪い影響が出てしまうでしょう。