話題沸騰!中古自動車査定制度について調べてみた

クルマの下取りや買取の際には、必ず査定を行います。査定というのは、お客様から買い取りや下取りの際にまともな評価を下す為の工程であり、それにはたくさんの人から了承され、プラス受け入れられた仕方をしないとダメなのです。なのですが、ユーザー側からしたら、鑑定がどうやって実施されているのか完全には存じてなかったり、しっかりした方法で調査されているのかはどうにも分かっておくことができなかったりもするものです。ではありますが値踏みというのはその車のバリューを決断するめちゃくちゃ重大な過程ですから、やり方や考えに色々なものがあると世間のパニックの要因ともなってしまうわけです。

そのようなパニックを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会というのは、適切な値踏みが根を下ろすように活動している機関であり、消費者が不安なく値踏みに出すことができ、更に納得できる土台作りの行いをしています。

具体的な中身としては、例えば健全な査定士を輩出する為の資格試験を行っており、査定協会が実行している学科及び実技の研修を受けてもらい、それから「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、まっとうな見識や決まり事をもってお客さんの愛車の鑑定をするのです。要は適正な査定のための資格を保有する人間が評定をおこないますので、客側もリラックスして買い取りまたは下取に車を出すことが出来るわけなのです。