話題沸騰!中古車屋さんに車を売る時について思うこと

中古車の売買契約時は、まず最初に中古車査定を行います。そのモデルと年式とで、基準となる標準時の価格の理解をしておきます。それよりもっとコンディションが悪いのであれば、評価額をマイナスとするというような順番で処理されていきます。

標準状態の金額の件については買取のお店の方で基準となる数字を持っています。これについては業者間だけで出回っているもので、その金額は車種と年式によって記されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基本的な数字であって、それ以上のものではないものです。それに加え、その値段よりも高額で買取を行ったりまたは安く買い受けされたりするケースも当たり前ですがあるわけです。

買取業者からすれば限界までロープライスで買取したいわけで、ショップにもよりますが基準となる買い取りの値段を出したうえで、もっと低い金額の方へ話をつなげようとします。売り手側としては1円でも高い値段で引き渡ししたいですから、この時の交渉としては、イッキに話を持っていくのが吉です。または、買取について金額が同調できなかったケースであれば保留とし、話を棚上げ状態としておきます。そうしてから別のお店と交渉をしていくわけです。

もしここで額面的にもっと高額となり納得できたなら、最初の業者との駆け引きは決裂でも問題はないでしょう。言い換えると、売り手が気に入るように交渉を進めていけばよいということです。最も回避したい状況は、急いでプライスを決断してしまって、あとから悔やむことです。金額はとにかく強気に押し出していく方が後で悔やまないでしょう。