なんと!車買取と下取のいろいろ

所有車を売り払うケースにおいてのやり方としては買取りや下取りといった種類があります。下取に関しては、おニューのクルマを手に入れた際には、古いマイカーを買取りして頂くものです。その時点で乗車が可能なくるまであったら価格が付きますが、とてつもなく古いくるまだったケースでは逆に廃車にする費用を下さいと言われるケースもあります。

下取ですと専門店が行うという訳じゃないですから、高値での買取はムリでしょうけど、次のくるまと交換のような形で乗り換えを可能というメリットがあります。一方で買取ですと、それ専門のくるま買い取りの専門店に依頼して買取してもらうといったものです。その手続きがややこしいなどのよくない点も存在しますが、買い取られた車はユースドカーとして流通するのが前提ですから、想像以上に希望価格での引取りが期待できます。

下取、買取どちらであっても手続きの場合にはいろいろ書類を先に用意する必要があります。どんなものが必要かといえば、車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券というものです。そして実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

買い取りのときには委任状や譲渡証明等も使用するかと思いますが、これらに関しては買取り業者が用意してくれるはずです。引取りをお願いしたいこちら側としては、車検証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、実印、住民票そして印鑑証明書を用意しておきましょう。値踏みの時もそれらに関してはチェックが入るため、紛失の際は再度発行していただくこととなります。

たとえ失くしたケースでも値踏みだけをして頂くことは出来ますが、即売却はできないので見積もりの値段に良くない影響が出ることになります。